各種予防に関して

猫の混合ワクチン

 猫ウィルス性鼻気管炎・猫汎白血球減少症・猫カリシウィルス感染症(ウィルス株で3タイプにわかれるので3種あります)・猫白血病ウィルス感染症・猫クラミジア感染症・猫エイズウィルス感染症

 以上、合計8種類の感染症予防が可能です。

 どの種類をどのタイミングで接種するかは、皆さんの飼育方法を参考にしてください。

 ちなみに、猫エイズは人には絶対感染しませんからご安心を。

 ワクチン接種後免疫力がつくには2〜3週かかるものと思って下さい。

また、ワクチンでできた免疫の持続期間は約1年です。

 ワクチン接種後1時間程度はあまり興奮させ過ぎないよう心がけて下さい。

ページトップへ↑