様々な話題

シャンプーのお話

シャンプーレス・温水洗浄 
(毛がボソボソになっちゃったんですけど・・・)
(毛生え薬は用意してませんけどねw)
皆さんはワンちゃんのシャンプー、
どのくらいのペースでやってらっしゃいますか?

多くても月1回と指導された事は無いですか?

なぜでしょう?

皮膚病の原因となりうるからです。

じつは、私が飼っていたイヌはほとんどした事がありません。

10数年で3〜4回?

こんなやつです。(画質ワルッ。)
100067_07.jpg

ネコちゃんをシャンプーされている方いらっしゃいますか?

いやがりませんか?

慣れている・・・・・・そんな仔もいるでしょう。


私自身は、ネコにシャンプーは不必要と思ってます。

自分で毛繕いしますしね。


ちなみに私が飼ってたネコ、

みんな20年くらい生きましたが、

一度もシャンプーした事がありません。


ただし、イヌもネコもブラッシングは頻繁にやります。

ブラッシングが皮膚を清潔に保つ秘訣です。


まったくシャンプーしなくても、皮膚病にはなりません。

かえって、一生懸命シャンプーに励むほうが、
がさがさの皮膚・被毛になってしまうことがあります。


以前、スタッフのイヌの「カサカサの皮膚・体毛」を相談されたとき、シャンプーをやめてお湯で洗うだけにするよう指導しました。

数年経った今では、「きれいな皮膚・フサフサの体毛」です。




こんな状態も・・・(上記とは別の仔ですが)・・・
100067_02.jpg

シャンプー剤の使用を止めて、
温水洗浄だけにしてもらい・・・・・・

・・・・・・その2ヶ月後・・・・・・

100067_12.jpg
(写真はクリックで拡大されます。)

こんな状態に戻してあげるのも、夢ではありません。

この仔には、このお話の後半ににもう一度登場してもらいます。


チョット難しい話です。

皮膚の汗腺は、「エックリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の
2種類からなります。

「エックリン汗腺」とは皮膚に開口する、ヒトでは汗をかく組織。

「アポクリン汗腺」とは毛根部に開口する、
ヒトのワキやおヘソ・外陰部周辺などにある組織で、
ちょっとニオイのある分泌腺です。

イヌ・ネコは、
「エックリン汗腺」は肉球・外耳道にあるのみで、
体中「アポクリン汗腺」ばかりです。

そのため、
そこそこニオイがするのは当たり前という大前提を
理解してあげて下さい。

シャンプーをすると、
じつはその界面活性剤が、
毛根部に分泌され被毛を覆っている
皮脂腺分泌物質を洗い流します。

これによって、皮膚バリアーが低下するものとお考え下さい。

皮膚に直接刺激も加われば、
炎症もおこるでしょう。

傷ついた皮膚にはなおさらです。

皮脂腺は皮膚を守るために活発に働き始め、
いつもより過剰分泌がおこなわれます・・・・・・
「アポクリン汗腺」から。

シャンプーしてから、2日目くらいが、
「何だか、臭いっ!」・・・・・・といった
御経験ありませんか?

原因はシャンプーの刺激です。



「ニオイが気になるから」という方・・・・・・
とりあえず・・・・・・
シャンプー剤をやめて、お湯のみにしてみて下さい。

お湯のみで洗うんだったら、極論毎日でもいいんですよ。

濡れる事が皮膚病の原因ではありませんから。

もし濡れる事が皮膚病の原因になるんだったら、
梅雨時に外につながれてる仔はみんな皮膚病になっちゃう。

といっても毎日されているかたは、
いまだかつてお一人もいらっしゃいませんが。

お湯のみで洗ってあげることで、改善されるケースもあります。

ただ、これはあくまでもシャンプーが害をもたらしていたケースですので、すべての事に当てはまるわけではありません。

「コラム・爬虫類と紫外線」に書きましたが、皮脂腺には大切な微量栄養素ビタミンDが含まれるのにそれをも洗い流しちゃいます。
毛繕いで経口摂取できてたものを・・・・・・。
なんだかもったいない話ですね。


余談ですが、
私自身ここ数年、
シャンプーも使わずボディーソープも使った事がありません。

何も困りません。

芸能人でもシャンプー・ボディーソープを使ってない方、
いらっしゃいますよね・・・・・・

タモリさん・福山雅治さん・そしてGackt様。



それと、
小児科・皮膚科で「アトピー性皮膚炎」と診断された乳児の親御さんに、
湿潤治療・シャンプーレス&ボディーソープレス」を理解しておられる先生が、
それについて指導をすると、
80%程度の患者さんは軽快しているそうですよ。



そして・・・・・・

こんなにかわいい顔の仔でも
100067_01.jpg
(写真はクリックで拡大されます。)

腰の辺りがこんなのだったり・・・・・・
100067_02.jpg

首の辺りがこんな仔を時々見かけます。

100067_03.jpg


シャンプー等のご相談で来院されたのですが、
丁寧なブラッシングと温水洗浄を指示し、
・・・・・・その1ヶ月。
(皮膚の再生を手助けする内服薬も併用させています。)


写真ではわかりづらいですが、黒色沈着が落ち着いて毛が少し伸びています。

むだ毛(毛玉)を除去したので、薄く見えるのは変わらないですね(笑)。

100067_04.jpg
100067_05.jpg

じっと目を凝らすと・・・・・・
100067_06.jpg
・・・・・・凝らしても、毛は生えないか・・・・・・。

でも、明らかに
「ズベが少なくなった」と飼い主さんに満足して頂いてます。

内服薬も併用しているんですが、
「毛生え薬」では無いのであしからず、
といったところはありますが・・・・・・。

・・・・・・でも2ヶ月後・・・・・・

全体像と腰の辺りですが・・・・・・

100067_11.jpg100067_12.jpg

確実に毛が生えています。

皮膚の再生を手助けする薬を併用してはいますが、

毛生え薬などではありません。

(そんな薬を処方できたらノーベル賞もの?)


シャンプー剤を使わなくなった効果だと思われます。

・・・・・・7ヶ月後の腰としっぽです。

100067_13.jpg



べつのワンちゃんの、

シャンプー中止&再生を手助けする薬を

使いはじめた頃と4ヶ月後です。

100067_14.jpg

100067_15.jpg




次に、3〜4ヶ月にわたり薬用シャンプーをあれこれと処方されたけど、
治らないということで相談されたケースです。
100067_08.jpg100067_09.jpg

シャンプーをやめてもらい温水洗浄だけにして頂きました。

同時に軟膏の外用薬も処方してあります。

1ヶ月もたたないうちに・・・

100067_10.jpg

・・・こんなにキレイになりました。

ちなみに、外用薬は軟膏剤を処方すべきです。

クリーム剤は界面活性剤を含むためダメです。


ご興味のある方は、相談してみて下さい。



その後・・・・・・

100067_16.jpg

10ヶ月くらい飲み続けてたら、大分毛がそろってきて、
油断して飲んだり飲まなかったりで、1〜2ヶ月・・・
また薄くなちゃって、がんばって再開してもらいました。
今では低容量で維持です。
で、最初に飲みはじめて1年半経って・・・・・・



100067_17.jpg



100067_18.jpg

そして、しっぽ

100067_19.jpg

「毛生え薬として売り出しましょうよ(笑)」

と、飼い主さんにニコニコ喜んでもらってます。

まさに、

「継続は力なり。」

ページトップへ↑