食事に関して

食事のいろいろ7・栄養が足りない?

ペットフードだけじゃ足りないの?
私が子供の頃(ウン十年前)、イヌ・ネコのエサと言えばご飯にミソ汁でした。栄養が足りずガリガリの仔ばかりでした。

世の中は雑種ばかり。

あの時代、ペットフードという栄養食を貰えたのはお屋敷に住むキャンキャンうるさいスピッツなど、ごく一部のペットだけだったのかも知れません。

現在は年齢が10年なんて当たり前でも、あの当時は10年生きる仔なんていなかったですもんね。
予防医学が存在しなかった事もありますが、栄養的な面でも問題があったんでしょうね。

それからウン十年、あの時は総合栄養食だったものが、今じゃ「これだけじゃ足りない」と言わんばかりに陳列棚にいろんな物が並べてあります。

飼い主さんの購買意欲を駆り立てながら。

このあたりは「ペットブーム」に関係します。「食事のいろいろ2」にも書きました。

「カルシウムを多く摂りましょう」とか「骨を強くしよう」だとかいろんな謳い文句であれこれと買わされるケースもあるようです。

「カルシウム」だけ多く摂ったってダメですよ。
大事なのはリンとのバランスです。

ヒトじゃ食べれないからペットにでも与えとけ見たいな感じの「ペット用ニボシ」。

フードに「カツオブシ」。
あれ、1袋でどれだけの出汁が取れるでしょう。
それをドバーッじゃ与え過ぎ。


近年、ミネラル過剰摂取なども原因となり、尿石症を罹患する仔が後を絶ちません。


「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」ですね。

ページトップへ↑