ブログ

ここはサイト管理者が、動物病院のお仕事とはおおよそ関係のない、様々な話題を提供する超個人的なコーナーです(笑)。

イヌはいかにしてオオカミから進化することができたのか?

生きていくための努力と奇跡?
イヌはいかにしてオオカミから進化することができたのか?
「デンプン(炭水化物)を消化する能力を獲得することができたから」といわれています。
むか〜しむかし、肉食獣のオオカミは群れをなして(今でもかw)生活してましたね。
警戒心が強く、人里から離れて。
そんなある時、おそらく「警戒心のゆる〜いグループ」がたまたまいたとしましょう。
このグループは、人里近く、というかすぐそばで生活をすることが平気だったと思われます。
この時代のヒトは、食べたものの残り(炭水化物)を袋に入れて
収集するという習慣は皆無なわけで、そこいらに食い散らかして
いたものと思われます。
「警戒心のゆる〜いグループ」は生きていくためにこの「残飯」に目をつけたと考えてみましょう。
当然食べるでしょうね。
しかし、残念ながら肉食獣のオオカミは、炭水化物は無理。
ま、中毒を起こすわけでもなく、お腹を壊す程度かな?
そういうことを長い年月繰り返して、「炭水化物を消化する能力」を獲得することができたんでしょうね。
おそらく(絶対的な自信があるわけじゃないけどw)。
よって、イヌは雑食とはいうけど、やっぱりお肉中心がいいんだろうね。
あ、ネコは肉食だからね。
このあたりの事はコラムの「食事に関して」の中でも取り上げたけど、もう一回、ブログにもあげときます。
炭水化物・・・・・・炭水怪物w

ページトップへ↑