ブログ

ここはサイト管理者が、動物病院のお仕事とはおおよそ関係のない、様々な話題を提供する超個人的なコーナーです(笑)。

コロナ・コロナ・コロナ・・・・・・

感染症と界面活性剤
もともとコロナは
風邪の原因のひとつだったはず
(ちなみに犬のコロナは消化器症状
 猫のコロナは腹膜炎)

ウイルスは変異するからね
・・・・・・
めんどくさいなぁ・・・

・・・今回のやつ・・・

「感染力」はすごいと思う
・・・今まで見たことないほど

重症化するほどの「発症率」は・・・
・・・低いのかな?

でも・・・発症した場合の
・・・「致死率」は・・・高いと思う

メディアは毎日
なんだかんだ言ってっけど

大事なのは

感染したとしても
どのような対応をできるか・・・

そこんとこを
しっかり検討しておくことが
大切なのかもしれない

・・・・・・
・・・・・・
(閑話休題)

野口英世先生は
バクテリアに関する研究を
寝るまも惜しんで
研究されていらしたこと
有名な話です

でも彼は黄熱病という
ウイルス感染症で
お亡くなりになました

あの頃の光学顕微鏡じゃ
ウイルスって見れなかったんですよ
光の波長より小さいもんで

電子顕微鏡ってのが開発されてから
見れるようになったんですよね

ウィルスの概念がなかったんだよね

そういえば
インフルエンザウィルスって
鶏・豚・ヒトの間で行き来して
変異していきます
(フェレットも移るけどねw)
昔の農家さんは
大変やったろうね・・・

(閑話休題・終)
・・・・・・
・・・・・・

だいたいさぁ・・・
インフルエンザだって
手洗いだけじゃ
予防しきれないし・・・orz

こないだ
某感染症研究所の人呼んで
研修会やってもらった時・・・

「僕らが集まっても
 (県民会館に60〜70人くらい?)
 何も起きないってことで
 やることやれば
 大丈夫だってことを
 情報発信しましょう」

・・・的な話をした後に

「感染症が予防できるわけ
 ないじゃあないっすかぁ・・・」

とか言っとった・・・orz
おいおいw

まぁ、とりあえず・・・

・・・アルコール消毒・・・

ってことになっとるね・・・

(でさ・・・これからが
 界面活性剤の功罪w)

ニュースとかで見ると
「手が荒れる」的なことを
訴えてる人が多いかな・・・

まぁ、界面活性剤
塗ったくってんだから
しょうがないわな・・・

手荒れが嫌な方は・・・・・・

一度アルコール消毒した後
それから何かに触ってないなら
手にはウイルスがいないんでさ・・・

・・・・・・
・・・・・・
(もいちど、閑話休題)

えっと、これに関しては
コロナやインフルエンザのような
エンベロープってのを
有するウィルスに限ります
難しい話で・・・ごめん
<(_ _)>

(終)
・・・・・・
・・・・・・

で、一回アルコールつければ
そこにはもういないんで
改めて何かに触らない限りは
手洗いで十分かと・・・

アルコール塗りたくってると
手荒れしますw

アルコールは一回で
あとは手洗いと
保湿・・・

あ・・・クリーム系は、あかんよ

そん時は軟膏塗って
手荒れ予防やねw
(ワセリンで十分だと思う)

(詳しくは
 「湿潤療法」ってやつを
 ググってねw)

一般的にさ・・・・・・
マスクをしたからといって
感染しない・・・
と、いってんのは
・・・確証がないと思う・・・

外来で
多数の患者さんと
濃厚接触するお医者さんは
マスクするべきなんやろうね

でも、本当にマスクをするべき人は

・・・感染が疑われる人・・・

・・・感染している人・・・

あと・・・・・・花粉症の人(笑)

この方達のために
マスクを店頭に残しておいてあげたい

富山県には
まだ感染者がいない
(20年3月20日現在)
ってことですが・・・

感染者が出た時に
冷静でいられることを
願います・・・・・・


ページトップへ↑