ブログ

ここはサイト管理者が、動物病院のお仕事とはおおよそ関係のない、様々な話題を提供する超個人的なコーナーです(笑)。

赤外線と紫外線

ネコとウミガメ
ちと、つまらんことに気づいたんで
お付き合いいただければ・・・・・・

この時期(10月21日現在)
ネコは暖かいところをよく知っていて
そこに集まるってことは
みなさんご存知の通り

今朝、ソファーに座ってテレビを見てた時

いつもオイラのことを怖がる
一番上のネコ(ゆきむら)が
ソファーの左からノソノソ歩いて来て
なんとオイラの腹を踏みつけながら横切り
右側の肘掛の上に掛けてあった毛布の上で
フミフミしながらくつろぎ出し

それをキャットタワーの上から見てた
一番下のネコ(こまつひめ)が
飛び降りて来て
左側の端にたたんであった毛布の上に

それを棚の上(天井付近)から見てた
二番目のネコ(けんしん)も飛んで来て
ソファーの背もたれの上に陣取る

「なんだ、おまいら」っつうたら
妻が
「エアコンじゃない?」って

あ・・・・・・なるほど
右上方から暖かい風が吹き出してる

そこでつまらんこと思いついた

暖かい場所を知っているってことはわかっているが
ひょっとして「暖かいもの」が見えてる?
「エアコンの暖かい風」が見えてる?

ヒトの「可視光線」(日本では赤橙黄緑青藍紫の7色)以外の
「赤外線領域」がネコには見えてたりして・・・・・・
「暖かい風」が見えてたりして・・・・・・

なんてことを思いついた・・・・・・
調べようもないけど

なんでこんなこと思いついたかというと

先日、テレビでのウミガメの話題・・・・・・

なぜウミガメの子供は土から出て来て
まっすぐに海を目指せるのでしょう?
それは紫外線が見えているからです
土より水の方が紫外線をより多く反射するので
その反射された紫外線量の多い方を目指すのです

とか・・・・・・@0@

人は勝手に
他の動物も
人と同じような色が見えてると思いがち

でも実際は違うだろうなとは
ずっと以前から思っていた

たまに爬虫類について問い合わせが来たりして
「紫外線管理はうまく言ってますか?」と返事したら
「夜行性の奴なんで紫外線は入らないと思ってた」

・・・・・・よく言われます
ネット上にもよく書かれてますね

でも、洞窟の奥のそのまた奥だけとか
とてつもない深海だけで生息してるような
体も白っぽい連中以外は
結構紫外線浴びてると思う
・・・・・・勝手な解釈かもしれんが

夜中にウミガメは紫外線の多い方へ向かうそうだし
夜中だって紫外線は降り注いでるってことだし

ちなみに、ガラスを通すと爬虫類に必要な紫外線は
ほとんど減衰してしまうそうだし
やはり管理は必要なのではなかろうか・・・

話が逸れちゃいましたw

で・・・・・・

赤外線領域が見えてるとしたら
ネコには世界はどのように見えてるんだろうと
結論も出ないことを考えて
朝の時間をボーッと過ごしておりました(笑)
ま、朝はいつもボーッとしてるけどね^^;

(21/10/21)

ブログ


ページトップへ↑